鹿撮影にチャレンジしてタヌキを撮った話

シェアする

ねこ以外の野生動物にチャレンジ!

森に行けば野生動物に会えるはず!ということで、兵庫県神崎郡神河町にある砥峰高原(とのみねこうげん)まで行ってまいりました(これも昨年夏のお話)。

砥峰高原といえばススキの大群生と湿地帯で知られていて、映画「ノルウェイの森」の撮影地となったことで有名です。

今回はススキではなく、まさにノルウェイの森の舞台ともなった森へと入って行きました。

動物がいそうでいない。風景写真にはもってこいの場所

森の中を歩くこと30分。鹿どころか動物にまったく遭遇しません

退屈すぎて風景写真など撮ってみたり・・・。

あ〜、退屈。
パシャ。

昼間でも鬱蒼としていて動物以外の何かが出てきそうなオカルトな感じもあります。

ひいいい。ちょっとこわい。
とチビリそうになりながら歩いていると・・・

ひえええええ!君は出てこなくていいのだ。
お呼びでない!

ヘビに恐れながらふと道路を見ると・・・。

あ!何かいた!横切った!
必死でシャッターを押したらこんなものが。

youはだれ?

あっという間に溝に入り込んでしまいました。
後でよく見るとタヌキでした。

結局この日はほかの動物に会えず終了となりました。
以降、鹿撮影にいろんな山に出かけているのですが、未だ鹿には遭遇できず。

誰か昼間に鹿にあえるポイントがあれば教えてください〜。
奈良とかでなく、野生のやつね。

スポンサーリンク
レクタングル大