港町の猫、再び

シェアする

前回ご紹介した港町の仔猫に再び会いに行きました。

カメラ:ソニーα7Ⅲ

レンズ:24-105 F4

最高の被写体だが、ピント合わせが大変

この猫、とてもやんちゃで、空き地を縦横無尽に駆け回って遊んでいました。仔猫の躍動感を写真で表現したい僕には最高の被写体なのですが、カメラで捉えきれないくらい暴れまわります。

α7ⅢのAF-Cのワイドとゾーンのモードの実力テストも兼ねて今回は撮影に挑んでいたのですが、ピントがなかなか合わず自分がほしい瞬間の写真はほとんど撮れませんでした。

例えばこんなシーン。物陰からイキナリ猫が飛び出してくるという絵ですが、AF-Cのゾーンではピントが合いません。

こんなシーンでもやはりピントが甘い。

たぶんこのあたりのシーンでは置きピンでピント合わせをするのが正解なんでしょうね。置きピン+やや絞り気味の絞りというところでしょうか。

AF-Cの使い方については、以前「α7Ⅲ(ソニー)でAF-Cの使い方は?」でご紹介していますので、ご興味のある方はご覧ください。

躍動感ないけど、かわいさをお伝えしておきます

というわけで、躍動感には欠けますが仔猫の写真おまけです。

まさにモデル猫と呼べる逸材です。今度こそ、躍動感あふれる仔猫写真を撮ってきます。乞うご期待!

※僕は猫撮影の際には必ずカメラ2台を持ち歩いています。2台持ちに至るまでの経緯はこちら