僕が使っている機材

シェアする

カメラ本体はオリンパス

僕はプロの撮影家ではありませんので、スペックが高いものよりも気軽に持ち歩けるものを優先して選びました。

ミラーレスは、ミラーレスでない一眼と比べると動体追従性能が低いと聞きます。
僕の場合は動く被写体は置きピンで撮影するので、あまり関係がありませんでした。

また、価格的にもミラーレス機種はレンズを含めて少し安い傾向にあり、手を出しやすかったということもあります。
結果的には猫撮影においてミラーレス一眼はよい選択だったのではないかと思っています。

2018年11月追記

メインカメラにソニーのα7Ⅲが加わりました。

こちらもミラーレスですが、センサーサイズがフルサイズです(オリンパスはマイクロフォーサーズと言って、フルサイズよりも小さなセンサーサイズの規格)。
オリンパスはセンサーのサイズが小さいのでカメラ本体やレンズをコンパクトにすることができるという利点を持っているのですが、センサーサイズが小さいとボケが作りにくいという特徴があります。
今までは猫撮影していてボカしたいと思うことがあまりありませんでした。

が、猫の表情を強調したい場合など、ボケを意識的に作りたい場面が出てくるようになりました。
オリンパスでもF1.2のレンズがあり、それを使えばフルサイズに匹敵するようなボケを作ることはできます。
残念ながら、どのレンズも単焦点ですので、猫撮影では少し使いにくいところがあります。

こうしたことがあって、フルサイズを使ってみようということになったわけです。
ミラーレスのフルサイズを色々と調べてみて最もコストパフォーマンスが良さそうだったのがα7ⅲでした。24-105(f4)のレンズがあったことも決め手でした。
(猫撮影の場合、24-75のレンズだと望遠側が少し苦労するので、出来るだけ望遠が効くものがほしい)

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3 + バッテリーパック + バッテリーチャージャー 3点セット

メイン機はSONY α7ⅲとOLYMPUSのOM-DのE-M1

α7ⅲ
こちらはα7ⅲ。オリンパスのEM-1 Mark2とほぼ同じ大きさ、重さで、センサーサイズがフルサイズです。


こちらはずっと使っているオリンパスEM-1。ボディもレンズも小型が特徴のミラーレス一眼と言われるカメラです。

どちらのカメラも手ぶれ補正の強さコンパクトさが特徴です。

ミラーレスタイプではないカメラの場合、本体がやはり大き目で重さもそれなりにあります。
望遠や広角などいくつかのレンズを持って撮影に出かけたい場合などはかなり負担になります。

僕は猫撮影の時には、カメラ2台、レンズ3つ、ipadを常に携帯していますがリュックにすっぽりと収まってますし、さほど重たいと感じることもありません。
猫撮影では機動性の高さはとても大切です。

α7ⅲは相当なハイスペックながら20万円前半で入手できる、とてもコストパフォーマンスの高いフルサイズミラーレスです。
E-M1 mark2はマイクロフォーサーズながら、画質はフルザイズに迫る素晴らしいコンパクトミラーレスです。
僕はこの2台を
・広角系はα7ⅲ
・望遠系はEM-1 Mark2
という役割分担で使っています。

EM1の使い心地

実際にはE-M1が持っている機能の10分の1も使えていないと思います。
撮影モードは常に絞り優先ですし、動体追従のためのオートフォーカスなども使わず飛び猫などは置きピンで撮影しています。

設定で触るとすれば、ISOか露出くらいのもので、ほかはほとんど触りません(笑。
最近になって深度合成という機能があることを知りましたが、これもたぶん使いません。
バッテリーの持ちも十分ですし、防塵防滴ですし軽くてとても使い易いカメラです。

現在、E-M1はマーク2という新しいバージョンが発売されていますが、そちらは20万円以上します。
確かにいろんな最新機能が搭載されていますので魅力的ではありますが、こちらの機種でも十分すぎるくらいのスペックです。

むしろ新機種が発売されて値段が下がっている旧機種のこちらはかなりお買い得感があります。相当なカメラマニアでない限り、旧機種で十分かと。

広角から標準はα7ⅲ、望遠はEM1 Mark2

現在、標準距離での撮影はα7ⅲを使います。で、被写体が遠い場合にはEM-1 Mark2に40-150をつけて撮影しています。

望遠側でEM-1 Mark2を使うのは、マイクロフォーサーズだと望遠レンズが小さくて軽いからです。
望遠撮影の場合はどうしても被写界深度が浅くなるので、マイクロフォーサーズの被写界深度が深くなるという問題が逆に利点として利用できるわけです。

使用しているレンズ

OLYMPUS 標準ズームレンズ ED 12-40mm F2.8 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PRO
よく使うのはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROというレンズです。

これは一般的な一眼レフで考えると24ミリ(広角)ー80ミリ(やや望遠)ということになります。
少々高めのレンズだったのですが、解像度が抜群によく、猫の毛並みの一本一本がしっかりと写せるクオリティを持っています。

OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC

次に利用頻度が高いのがM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。
一眼レフでいうと300mmの望遠レンズ相当です。クオリティが高く、猫のいきいきした表情をしっかりとカメラに収めることができます

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
Mark2購入タイミングで一緒に入手した12-100もよく使います。近場の猫撮影に行く時などは、カメラ一台にこのレンズをつけて行くことも増えました。f4なので日中専用として利用していますが、解像度の高く、かなり画質はいいと思います。広角から望遠までカメラを変えずにそのまま撮影できる手軽さはかなり便利です。

1日中猫撮影をしたい時や、150の望遠を使いたい場合などは、カメラ2台に12-40と40-150のレンズをつけて出かけます。

Panasonic マイクロフォーサーズ用 交換レンズ LUMIX G VARIO 14-140mm /F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-K

どうしても荷物を小さくまとめたい場合や広角か望遠かわからない場合(山の野生動物狙いとか)には、LUMIXの14-140mm(F3.5-5.6)を使う場合もあります。

上の2つに比べるとややAFが遅く、解像度が下がる気がします。が、一本でかなり広い守備範囲ですし機動力が求められる場合には重宝します。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大