青島の猫(その2)

シェアする

おそらく日本でもっとも有名な猫島「青島」に初上陸を果たしました。

青島へのアクセスや注意点などは前回記事をご参照ください。今回は青島での猫写真をいくつかご紹介していきます。

まずはオーソドックスな歩く猫の写真から。

青島の猫

青島の猫は人懐こいのが多いです。こんな感じで目があったらどんどん近寄ってくる猫もたくさんいます。

青島の猫はすべてが野生ということではなさそうです。
数十名しかいない島の住民が首輪をつけて明らかに飼っていると思われるヤツもいます。
ただ、首輪がついていない猫も一緒になって民家の庭先で遊んでいたりします。
こちらは亀水槽の亀に興味を示す猫。

青島の猫。亀とねこ

木に登って遊んでいる猫もいます。
青島、木登り猫

猫にかかると、こんなものも遊び道具になってしまいます。
青島の猫

遊びが一段落したら餌をおねだりに行くのも日課のようです。
青島、餌をねだる猫たち

遊んで食べて、そして寝て。
青島、日陰で仲良く寝る猫

青島で気になったのが道のあちこちにある猫の足跡。
道路を作った時にまだ道路が乾いていないタイミングで猫がその上を歩き回ったのでしょうか。
あちこちに足跡が残っています。
さすがは日本を代表する猫島です。
青島の猫スタンプ

今回青島に渡った訪問者の方達の何人かは猫じゃらしやおもちゃを持参されていました。
猫たちもそのおもちゃが気に入ったらしく、いたるところで下の写真のようなシーンを見ることができました。
本当に人見知りしない猫たちですね。
青島、訪問者と遊ぶ猫たち

島に渡ってから8時間もの間、こんな風にいろんな場所でいろんな猫の写真を撮りまくってきました。写真はまだまだありますので、またそのうち少しずつご紹介していきたいと思います。
長かったようで短かった8時間が終わり島をあとにします。

猫や猫の写真をとるのが好きな人には超おすすめの島です。
が、島に渡るハードルは他の猫島よりも高いことを改めて書いておきたいとおもいます。
くれぐれも青島に渡る上での注意時点を把握していただき、十分な対策をもって挑んでください。

ぜひ、時間に余裕がある方はチャレンジしてみてください!

青島、猫と船

青島関連の記事はこちら。
猫島、青島への行き方と注意事項
青島での猫写真の数々←この記事です
青島での猫写真(おまけ編)

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大