D500で激しく動く猫にチャレンジ

シェアする

NikonのD500とキットレンズ16mm-80mmを入手し使い倒しています。激しく動き回る猫にチャレンジしてみましたので、よい点や悪い点を早速レポートしてみます。

D500のよい点(光学式ファインダー)

なんといっても光学式ファインダーです。ミラーレスのEVFと違い、光学式ファインダーは被写体をそのまま見ている状態。激しく動き回る猫をファインダーの中で存分に追いかけることができます。これはミラーレスではできなかったこと。

例えば、猫同士がじゃれあうシーン。

走り回りながらじゃれあうシーンはミラーレスのEVFで追いかけながら撮ると、タイムラグのために撮り逃しが多く発生します。

「あれ?あのシーン撮ったはずなのに無い!」

ということが頻繁に起こります。

それに比べて光学式ファインダーだと、「今だ!」と思ってシャッターを切ったシーンはミラーレスよりも確率高くヒットしています。

ただ、いずれのケースでも「この瞬間!」と思ってからシャッターを切るまでにわずかながらタイムラグが生じますので、結局予測しながらシャッターを切らないと本当に狙った瞬間の写真は撮れないというところは一緒なのですが・・・。

D500のよい点(AF-Cでも手動でピント合わせができる)

例えば、ソニーのα7ⅢはC-AFモードの時には手動のピント合わせができません。←よく調べてみると、カスタムキーの設定でソニーのα7ⅢはC-AFモード時に特定のボタンを押しながら手動でピントを合わせることができました。大変失礼しました。

ところがどのカメラを使ってもC-AF(AF-C)には苦手な場面があります。それは次のような時です。

・草むらなど、被写体をターゲットエリアの枠内に捉えにくい場合(邪魔なものが前後にたくさんある)

・向こうからこちらへ(あるいはこちらから向こうへ)素早い動きで移動する被写体(例えば構えている猫がこちらにジャンプしてくるような場合)

・ピントが合わせにくい被写体

・ファインダー内に見えていない被写体を捉えたい場合(横切る猫など)

こういう時にC-AFを使おうとすると、合わせたい距離にあるモノにターゲットエリアを向けて無理やりピントを合わせます。これが意外に難しく、手間取っている間に被写体が移動してしまったりします。

NikonのD500の場合、AF-Cモードであってもレンズのピントリングは有効です。ですので無理にターゲットエリアを使ってAF-Cでピント合わせしなくてもいいのです。

AF-Cで撮っているけれど、猫がこちらにジャンプしそうな場合にはピントリングを使って手動で置きピンで撮る、なんていうことができるワケです。

これは動きモノを撮るにあたってとても重要な機能だと思います。

例えば、この写真のジャンプしている猫に注目。やや後ろから前に向かってジャンプしたのですが、これはAF-Cだとピントが合いません。ですので、ピントリングを使って少し前にピントを置き、猫がジャンプした瞬間にピントが合うようにして撮ったものです。

こちらのバッタを捕獲する猫も同様です。猫が草むらでバッタを狙っている時はそもそも被写体が草むらの中にいるので、ターゲットエリアで捕獲困難。ピントリングで猫がジャンプしそうな前方に置きピンをしておき、シャッターチャンスを待ちます。

このシーンをα7ⅢのC-AFで撮るのは至難の技です。

悪い点(AF-C性能はα7Ⅲと似たレベル)

正直、ミラーレスとは体感レベルで違うと思っていましたが、実際に両方使ってみると歩留まりは似たような感じかなと思います。

悪い点(ISO感度耐性はオリンパスと似たようなレベル)

あくまで使ってみた感触です。厳密なテストなどをしたわけではありませんので、製品購入をご検討されている方は僕のブログだけでなく実際に店頭で試してみるなどご自身の目で確かめられることをお勧めします。

バッテリーの持ちはそんなに良くない

仕様上は1000枚以上との事ですが、AF-Cをガンガン使って、撮った写真を確認して削除、などしながら使っていると300枚程度でバッテリーが30%くらいまで減りました。朝の7時から撮影開始して14時頃には空になりましたので、僕と同じような使い方をされる方は注意が必要です。

液晶がかなりバッテリーを食うようです。撮影だけ黙々とする分にはAF-Cを中心に使っても800枚くらいまで撮れそうな感じでした。

とりあえず、使ってみた感想でした。まだまだ使い込んでいく中でいろんな発見がありそうです。追って、レポートしていきます!

ネイティブ

シェアする

フォローする